So-net無料ブログ作成

シミワタリ [母ちゃんの日記]

昨日の雨と、昨晩から気温が低かったことで
雪の表面が凍って、埋まらずに歩ける。

これを、地元では「シミワタリ」というらしい。
実はこの呼び名、生まれてこのかた全く知らず
つい最近、初めて知ったのだった。

ペタッ

R0021951_01.JPG

チャーハンは完全に埋まらずに雪上を走っている。
が、人間の体重と二足歩行の片足の体重の
かかり方からしても、少々埋まる。
もっと早朝に来れば、雪上を歩けるのかも。

思いっきり走れるとあってチャーハンが
今まで散歩中に見せたことのない行動を。

ゴロゴロン

R0021948_02.JPG

雪にスリスリして、少しすると突っ走り
そしてまた。

スリスリ

R0021949_03.JPG

で、また突っ走って。

ゴリゴリ

R0021950_04.JPG

チャーハンの散歩を終えて、しらすと散歩に。

しかし話題は昨日。
しらすとの散歩中、実家の事務所に
寄り道すると、そのすぐ後に入って来た
お客さんが突然、「サンチュガンの血は入っているのか?」
と聞いて来た。

あまりに突然なのと訛りがきつめだったので、
うまく聞き取れず、「ブリタニースパニエルです」
というとんちんかんな返答を(笑)

その後すぐ「サンチュガン」と言ったことに気づき
「入ってます」と。

ハイッテマス

R0021954_05.JPG

50代とおぼしきおじさん。
ブリタニーを3頭飼い、猟をしているらしいが、
ポイントするかとか、しらすが現在キジに
遭遇した時にどんな行動をとるのか一通り聞かれ、
「ポイントは短く、すぐ飛ばしてしまい、おまけに
後追いする。」(何も教えていないので)
すると「今度借りてみようか」と。

「どうぞどうぞお願いします」

レンタル?

R0021956_06.JPG

冗談半分だろうなとは思いつつ、「足速そうだな」と。
足が速いブリは、少しアメリカの血がどこかで
入っているのではないかと。
純フランス系は、元々遅いのだそうで。
個体差があるだろうから、どうなんだろうと
思いつつ。

このおじさん、見た目と違って犬に甘いのだそうで(笑)
「おれ、優しいから」とおしゃっており。

しばらく話して、帰り際きっちり母ちゃんの横を
歩くしらすを見て、おじさんが驚く。

「その犬、ちゃんと横歩くのか!!!」
「はい。歩くのだけは上手です」
「じゃあ、本当に借りよ(ニヤニヤ)」

チョットォ

R0021958_07.JPG

実際はもっと訛りの強い会話だったのだが、
歩くしらすを見て感心。
楽しそうに帰って行った。
あれは、本当に借りようとするニヤニヤだった。
楽しみにしているような、ルンルンしているような。

ルンルンシテタヨ

R0021959_08.JPG

しらすも散々撫でられて、可愛がられてルンルン。
しかし、母ちゃんとおじさんが延々話している間
邪魔することなく、指示を出さずとも母ちゃんを
じーっと見てフセで待機。

「なんかずーっと指示待ってるよ」とおじさんに
言われた程。

随分と成長したもんだ。
レンタルしてみたらどうなんだろう。
ちょっと楽しみ。
銃声の訓練も社会化の一環としてやってみたくなった。
すこし遠いが、訓練できる射撃場があるらしい。
我が家の近所で猟期になれば音がするし。
自分の勉強のためにもやってみたいなぁと思ったりして。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。