So-net無料ブログ作成

スソ [母ちゃんの日記]

仕事に追われる日々で、すっかり溜まったブログを
ようやく一気に更新。
昨晩で一旦落ち着いたものの、一体どうなるやら。
ちょっとゆっくり寝たいのに、オリンピック
見ちゃったり。

フンダ

R0022044_01.JPG

忙しくとも散歩はさぼれないし、忙しいからこそ
留守番が多いのでキッチリ散歩してきた。

落ち着いたので、本日はゆったり散歩。

ユキスクナイナ

R0022035_02.JPG

久々に雪の合間からのぞいた地面にチャーハンが
走り回る。やっぱりこれが一番走れる。

さて。
チャーハンと散歩していてこのごろ気になる
落とし物が。

スソダナ

R0022047_03.JPG

なぜ丈ツメしたジーンズのスソがあるのだろう。
もう少し先には、もう一方のスソ。

きっとゴミ袋をあさったカラスが運んできたの
だろうけど、道路にこれだけを置かなくても。

スリスリ

R0022049_04.JPG

シミワタリの場所で再びスリスリを繰り返し
シカの足跡を追い。

シカ足跡

R0022050_05.JPG

いつもと同じコースで雪がないのに
ゆっくり歩いたからすでに2時間。

もちろんくたびれたチャーハンは。
日なたを見つけて。

ネマスノデ

R0022078_06.JPG

眠いと、腹を撫でろと要求するかのように。

ヨロシクドウゾ

R0022079_07.JPG

しばらくさすってやると。

スピースピー

R0022071_08.JPG

寝た。

で、結局明日も仕事になり
束の間の休みだった。

ゴブサタ [母ちゃんの日記]

長らくご無沙汰しておりました、しらす。
本日復活。

フフン

R0022026_01.JPG

どうしてなかなか最近ブログに登場しないか
というと、父ちゃんと散歩に出ている
ということと、チャーハンと散歩の時間帯が
ズレている。ということ。
(屋外写真をメインにしたかったり・・・)

父ちゃんが出稼ぎに出れば、当然しらすは
母ちゃんと散歩に出ることになるので登場。

オマチド

R0022028_02.JPG

以前、しらすとの散歩中に人とすれ違ったり
犬とすれ違ったりすると、しらすが
釣られるのはどうしたらいいか。

と父ちゃんから聞かれた事があった。

母ちゃんの答えは。(しらすの場合)
あらかじめ向かい側から来ていることが
確認できていれば、声をかけてこちらに
注目させておく。
誘惑が強い場合は、ゴホウビを手に持つ。
自転車の場合でも同様。
母ちゃんがしらすと散歩に出た時はそれで十分。
しかし、わりと突然だった場合や自転車の
場合、ゴホウビは難しいので、軽くリードを
ピシッっと引くと、しらすはそれだけで
緊張するので、釣られることがない。

ということ。

ッツーコトダ

R0022023_03.JPG

このリードをピシッと軽く引くのには
しらすに「注意せよ!」の忠告の意味で
自転車で角を曲がるときや、車が来たぞなどの
お知らせとして使っている。

これをやると、しらすが人間の動きに注意する
ようになったり、「何ですか?」と
こちらに注目する。
ピシッと引くというのは、首輪がピッと一瞬
引っ張られるので、苦しくない状態。
トントンと肩をたたかれた感じの合図。

ヤサシクネ

R0022024_04.JPG

しかし、コレ。小さい犬にはあんまり効果がない
というか難しいので、しらすにしかやっていない。

キカネーヨ

R0022022_05.JPG

と言うわけで、デモンストレーションし、
納得した父ちゃんが、続けた結果なのか。
今日、なーんにもない農道で、自転車を走らせて
いると、猫発見!!!
道路の端っこにいる。
しかも母ちゃん側ではなく、しらす側。

近づくにしたがって、逃げるのかと思ったら
その場にうずくまってしまった!
どうしようかと思ったが、変に騒ぐのも
しらすを興奮させてしまうので、あくまで
冷静を装い、ピッとリードを引いた。

キラーン

R0022030_07.JPG

何にもない1本道なので、しらすが不思議そう。
で、こちらを見上げたまま、距離にして
30cm程しかなかったのではないか。
気づいているのか気づいていないのか。
平然とこちらを見上げた状態で通過。
褒めてあげると、これまたちょい不思議そう
だったが、これにはさすがに驚き。

オレニハムリダナァ

R0022021_06.JPG

鈍感なのか、従順なのかは不明だけど
驚くばかりである。

タヌ公 [母ちゃんの日記]

しばらく晴れが続きそうな予報。
これで雪も、きっと降り納め。
徐々に春になっていくに違いない。

R0022020_01.JPG

あっという間に雪がとけはじめ
もうじきなくなる。

サミシイナ

R0022014_02.JPG

雪が大好物のチャーハン。
なくなりそうな雪を惜しむかのように
蹴ってくれと、構える。

タノモーッ

R0022018_03.JPG

河原で遊んだ後、しばらく歩いて行くと
いつも普通に通過する場所で、ふと
チャーハンがリードを強く引いた。

なんだろうと、チャーハンが反応する場所を
覗いてみると・・・。

歩いている土手からすぐ下の河原にタヌキ発見!!!
チャーハンが唸っても、タヌキはヨタヨタ
歩いて逃げるそぶりがない。
よく見ると、キズだらけで相当弱っている様子。

草むらにノソノソ丸くなってしまったので
その場を後にする。

アレナンダ

R0022015_04.JPG

しかし、すぐ5mくらいの位置にいたタヌキ。
今いる場所から下方だったので、全く気づかなかった。
やはりチャーハンはさすが。
犬はさすが。と思った瞬間。

チャーハンの犬種は、本来鳥よりもこちら側の方が
本業な訳で。

クンクンクン

R0022019_05.JPG

暖かくなると獲物が増えるし、危険危険。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。