So-net無料ブログ作成

イチネン [母ちゃんの日記]

しらすに続いてチャーハンが1歳になった。

早かったような、長い道のりだったような。
ということは、ニイガタに帰ってきて明日で
ちょうど1年。

こう考えると早かった。
しらすとチャーハンとの1年は内容が濃すぎて
長かったように感じる。

パンティジャナイヨ

R0021105_01.JPG

思えば、遠く宮崎から伊丹経由でニイガタまで。
当日の悪天候。下手したらカーゴ便が庄内空港に
飛ばされるかもしれないという、ギリギリの選択。

もう伊丹に到着しているのに、そこから宮崎へ引き返すか
ニイガタへ一か八かで飛ばすか。

しかし、電話をいただいた頃にはニイガタの天気が
回復に向かっていたので、飛ばしてもらった。
結果、定刻通り無事到着。

パンティジャナイッテ

R0021106_02.JPG

水色のバスケットに入ってきたチャーハン。
開けた瞬間に車を運転していた母がさほど犬好きでも
ないのだが、「マァ〜かわいいっ」と言った。

ピョコッと顔を出したチャーハンは今でも忘れない。
小さくて、足が短くて、きたその日から暴れん坊。

ソウダッケ

R0021109_03.JPG

1時間近くピーピー鳴いて父ちゃんも母ちゃんも困った
ものだった。結局、その意味は「ハラヘッタ」だったことに
気づき、ゴハンをあげたら速攻寝てしまったのだった。

小さいからかしらすには獲物として認知され、
ケツを噛まれたり、転がされたり、パンチされたり。
気がついたら、チャーハンの方が強くなっていた。

ワスレタナァ

R0021108_04.JPG

抱っこするときお腹が圧迫されると「ウグググッ」って
いうし、超がつくビビリだし。
それでもしらすと全然違うところは、きれい好きであること。
叱られたら、すぐにフセして謝りにくるところ
鳥および動物にものすごく敏感であること。

脚側歩行はしらす程なかなか上手くはいかないけど
それでもグイグイ引っ張ることはない。

ウググググ

R0021110_05.JPG

チャーハンは多分フリーで留守番ができるはず。
でもしらすはハウス留守番続行なので、
サークル内自由止まり。

思えばそんなに苦労はしなかったかもしれない。
困ったことと言えば、ダッコ犬だということだろうか。

チャーハン1歳。


さて、巡り巡って、彷徨い結局我が家は。

ドッグフード

R0021115_06.JPG

やっぱり犬の大きさ問わずなフード。
体調、食い付き、体臭、フードのニオイ、ウ◯コの状態
などなどコレが一番。まだ我が家にきたばかりのころに
あげていたフード。小さい頃は給餌量が多かったので
なかなか経済的に厳しいモノがあったが、大人になって
給餌量も減ったので。

高価な上、ネット上での販売が全国で1店舗しかない
入手困難なフード。それでもやっぱり我が家の2匹には
コレが一番合っているかも。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。