So-net無料ブログ作成
検索選択

キッカケハ [母ちゃんの日記]

昨日は一日中雨で散歩がままならなかったので
朝からドッグランへ出かけることに。

相変わらずこのドッグランでは「借りてきた犬」なので
いい加減克服してもらいたい。
遠くのドッグランでの縦横無尽がウソのようになるのだ。

ビクビク

R0020655_01.JPG

端っこ歩くわ、飼い主から離れないわ。

そこで今日一役かっていただいたのが
若干2歳のスタッフ犬、グレート・ピレニーズ
(ピレニアン・マウンテン・ドッグ)のDIANA嬢。

ヨロシクネン

R0020663_02.JPG

このDIANA嬢、JKCチャンピオンブリード)なのだが。
はっちゃける時はおもいっきりはっちゃけるお転婆犬。

そこで、ちょっとでも2匹のテンションをあげる為に
またもやゾウ解禁。
だって今のところこれしか方法が・・・。

エヘヘ

R0020664_03.JPG

左は先住犬のJOY姉さん。
実は、DIANA孃ピーピー鳴るおもちゃが大好きで
しかも我が家のゾウがかなりのお気に入り
強く噛んで破壊するなんてもってのほか。
子供をあやすように、大切に持ち運び鼻で押したり
足で押して音を鳴らすのが好きなのである。

オネイサマァ

R0020661_04.JPG

ゾウをバッグから取り出すと、嬉しそうにDIANA孃が
こちらに寄ってくる。
なので、あえてDIANA孃にゾウを渡してみると。

カシテクダサイ

R0020657_05.JPG

はじめは警戒していたしらすも、DIANA孃に興味津々。
DIANA孃からボールを引き取って投げると。
なんだかいつの間にやら追いかけっこに発展。

マチナサイヨ

R0020658_06.JPG

端っこばっかりウロウロしていたしらすはゾウが
きっかけで、DIANA孃に心を許しはじめた。

そしてゾウを投げて、今度はDIANA孃がゾウをゲット。

トッテミナサイヨ

R0020665_07.JPG

DIANA孃は自分がゾウを取っても、ポロリと地面に
落として、しらすがゾウを取るのを待っている。
本当は自分が遊びたいのに、しらすに譲って遊ぼうと
してくれているではないか!
しらすやチャーハンがどうやったら心を開いてくれるか
考えてくれたんだろうなぁ。

そうやって何度かしらすに譲る姿を目撃。
で、だいぶ心がほぐれてきた頃には。

ワタサナイワ

R0020667_08.JPG

ガッツリ足で踏み込んで、独占。
もちろんとてもお利口さんなので人間には
あっさり渡してくれる。

ワタサナイワヨ

R0020669_09.JPG

すっかり馴染んできたから、しらすもDIANA孃から
目をそらさなくなり、しばらくお互いガン見。

そこにチャーハンも参戦。
スイッチが入り、「クレヨゥ アソベヨゥ」とDIANA孃に
要求の吠え。
しらすはしらすでDIANA孃に反復横跳び。

ウルッサイワネェ

R0020670_10.JPG

我が家のようなビビリには他の犬と交流させたい場合
テンションをあげることと、なにかしら共同で
遊べるきっかけが必要。

なんだかんだ、ゾウにはお世話になってるし。
DIANA孃ありがとう。

設置開始 [秘密基地計画]

ついに設置開始。
まずは2m間隔で、フェンスの網の幅に合わせて
垂直にポールを立てていく。

本当は木の柵とか、高さを低めにとか、もっと見た目に
良いモノにしたかった。
だけど、雪が積もることでフェンスの高さが低く
なってしまうことや、冬は風が強く、雨が降りやすい
ことなどから、劣化しにくく丈夫でかつ、そこそこの
高さにすることにした。

R0020671_01.JPG

フェンスの色はよくあるダークブラウンではなく
マイルドブラウンにした。
薄めの色合いなので、仰々しいフェンスにしては
周りの景色と一体化して目立ちにくいかも。

フェンスの手前には花壇で、目隠し。
春にはチューリップが咲く予定。

R0020672_02.JPG

これにフェンスが張り巡らされたら
その後まだまだひと仕事だ。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。