So-net無料ブログ作成
検索選択

序章 [秘密基地計画]

アンタバカ!?

と言われそうなものが届いた。

R0019980_01.JPG

だってさぁ、こうすれば庭でレトリーブできるもん。

そう。
大して広くはないので一般開放したり、料金を取ったり
するんではなくあくまで個人的な、超個人的な犬バカ。

基礎はどうするか相談中。
できる部分はコツコツ自主制作。

うっかりしていたのは、こっちは雪が降るということ。
20cmでも積もってしまえば、高さがあっという間に
足りなくなる。なので圧迫感はあるけど少々高さの
あるものを選んだ。

さてどうなる!?
何ができる?バレてる?

ニオイノ元凶 [母ちゃんの日記]

昨日のこともあって、ドッグランに行くか行かないか
散々迷った結果、天気予報が明日からしばらく
天気がよろしくない!

ならば行くしかないと結局出かけた。

コテツサン デナイカイ

R0019968_01.JPG

コテツくんとトキくんがいるではないか。
コテツくんがいれば、ボールは大抵コテツくんに
取られるので、これならばイケる!とコテツくんを
利用しての(笑)ボール遊び。

色んな大きめのボールを持って行ったのに、やっぱりしらすは
「ゾウ」にこだわっているらしく・・・。困った。
しかし、チャーハン同様「負け試合はしないタイプ」らしく
負けるとわかると、速攻諦めてしまうしらすだった。

センパイハ タテナイト

R0019969_02.JPG

朝ものすごく寒かったのに、昼になったら妙に暑い。
昨日の疲れもあってか、2匹はダラダラ。

ナンデシタッケ?

R0019970_03.JPG

集中力もイマイチないし、なにしてるでもない感じ。
なんだかつまらないので、ちょっと遊んでみた。

前々から教えたかった「乗っけて待つ」
強引に試してみる。
もちろん食べようとして顔をよけるので
最も誘惑の強いもので惹き付けておいて、乗せる。

インチキくさいけどできた(笑)

イヤーンツライ

R0019973_04.JPG

ゴホウビが見たいからどんどん体がさがってしまい
こんな体勢になった。可笑しい。
もちろんしらすのことなので、顔にゴホウビがあることを
すぐに忘れてしまい、どこだったか探す。
足の上にゴホウビを乗せて待たせるときも
必死でアイコンタクトを取るあまり、どこにゴホウビが
あるのか忘れてしまうので、いつも教えてやる。

オレハチャーハンジャネェゾ

R0019974_05.JPG

ドッグランにいると、大抵色んな人にチャーハンと
間違えられているコテツくん。
いい迷惑だよなぁ。多分識別できているのは
コテツくんの飼い主さんと我が家だけである。

オレガチャーハンダ

R0019977_06.JPG

チャーハンの頭の上になにやら写っているが、
コテツくんとチャーハンは本当に良く似ている。
ジャックラッセルを見慣れているはずのジャックラッセル飼いの
人も識別できていない場合もままある。

そして今日気になるお方がランにやってきた。

オホホ ワタクシッテナニカシラ

R0019978_07.JPG

ブリタニーではないが、限りなく近いぞ!
セッターと何か不明のMIXらしいが、イングリッシュ
セッターとかポインターは入っているであろう出で立ち。
体のサイズは、ほぼしらすと同じ。
にしても確実にスポーティンググループタイプだ。

大人しくて本当にいい子だった。
ここまで近いタイプに会えたのはお初だったので嬉しい。

ニテタネェ

R0019976_08.JPG

さて、シャンプー後いい加減ニオってきたしらす。
しかし体はそんなにニオわない。
丹念に調べてみると、どうやら口!?
同様の悩みを持つ、コテツくん一家のトキくん。
脚長の犬はニオうのか!?

シャチョー曰く、胃が原因の子も多いとか。
食糞する子も同様で、結局消化がイマイチだから
フードのニオイが残った糞を食べる、で口もニオう。
トキくんはこのタイプに分類されそうだが、しらすは
食糞こそないが、確かにちょっと変わったモノを
食べるとすぐ緩くなる。例えばガムとか、骨とか。
なんでも、通常与える量の胃腸薬の4分の1程度与えると
たちまち口臭がなくなるとか。
ハミガキもしょっちゅうやってるし。胃なのか?

なんにせよ、しらすもトキくんも太れないタイプ
ってことがなんとなく繋がっている気がする。
なんだかどっちも子犬なのにガリガリ。
フードを増やしたところで、ユルユルになるだけで
適量じゃないから通常の量に結局戻している訳で。

試してみるべきか否か。
どなたかニイガタでそういう繊細なところまで
行き届く、いい獣医さん知りませんか〜!!!(笑)

未知トノ遭遇 ーゾウ編ー [母ちゃんの日記]

気持ちよく晴れたので、早速ドッグランヘ出かけた。

着くなりやる気マンマンのしらすは手当り次第に
遊びに誘うが、誘い方が派手すぎてすべて空振り。
そんなんでレトリーブをはじめたところ、
チャーハンがチワワにしつこく迫っているし
しらすは、ボールをカミカミしながらプール方面へ
行っちゃうしで、ひとまず相手に怪我をさせては
いけないと、チャーハンの方へ。

エヘラエヘラ

R0019961_01.JPG

ところが、チャーハンがしつこくしていたのは
プリンちゃんだった。

アタイヨ アタイ

R0019959_02.JPG

プリンちゃんはチワワにしては珍しくビビリ度が低く、
堂々としている。
ならば大丈夫(プリンちゃんお父さんスミマセン!)と
相変わらずプールでボールをカミカミしている
しらすに目をやる。

結構な遠距離だったので犬笛で点呼。
一直線で戻ってきたしらす。
が、ボールを持っていない。くわえて走ってきたはず。

そういえば・・・
犬笛で先に到着したチャーハンに目をやって、
次に到着したしらすは、座った瞬間になにやら
ゴックンしていたような・・・。

お褒めの言葉とゴホウビもそこそこにボールを探して、
しらすがきた道を戻る。
プールを見ても、何度往復してもボールがない!!!
普段なら横取りされている可能性もあるのだが
戻ってきた時の周りの様子からしても、そんな可能性は薄い。

しらすにブツブツ言いながらウロウロする母ちゃんに
周りのみなさんもただならぬ雰囲気を察知。
そんな時に、シャチョー登場。
「どうしました?」とお声をかけていただき
飲み込んだか飲み込んでいないかもわからない。
医者に行こうか、どうしようか。
開腹手術になったらどうしようとか、ひとりで焦って
巡り巡っていたので、冷静になっていなかった。
シャチョーに事情を話すと「吐かせますか?」と。
そうだ!吐かせなくては!そうだった。

通常よく知られているのが、塩や食塩水を飲ませて
吐かせる手法。しかし汗がかけない犬は塩分過多に
ならないのか個人的にどうなんだろうと思っていたのだが
シャチョーに方法を質問すると・・・。
なんと!「オキシドール」を注入するんだそうで
この方法知らなかった!!!
胃の中でオキシドールが発泡して吐き出すんだそうで。

大きな注射器で注入。
注射器で薬を飲むことには慣れているし
しらすは世話を焼かれるのが大好きなので問題なく注入終了。
「こんなにあっさり飲む子はなかなかいませんよ」と
お褒めの言葉をいただいたものの、母ちゃんからすると
「何でも口に入りゃいい」のしらすなので
この底はかとない貪欲な食欲に脱帽するばかりである。

母ちゃんにシッポばっかり振っていて、一向に
吐き出す兆候がない。とりあえずフセをさせると
突然起き上がった!と思ったらゴワッと吐いた。
いきなり一発目で朝ゴハンにまみれた「ゾウ」がポコッと出てきた。
飲み込んだかどうか半信半疑だったが、
やっぱり飲み込んでいたのだ!

しらすの胃の中を探検し、未知と遭遇したゾウ。
それがコイツ。

ヤッ!イッテキタヨ!

R0019967_03.JPG

柔らかいのでカミカミするうちに中の空気が抜けて潰れ、
ラグビーボール状に丸まったような形になるので
簡単に飲み込めてしまったのだ。

完全に飼い主の管理不行き届き。反省。
飲み込んでしまう恐れがある犬だった訳で
毎回きちんと手元に戻すようにしていたのだが
「まぁ大丈夫だろう」この気持ちが命取り。
改めて、おもちゃや遊びは飼い主主導の大切さを痛感。
預けっぱなしなどの中途半端な遊びはしてはいけない。

きっと状況的に、呼ばれて到着した勢いで飲んでしまった
のであって意図的に食べようとして飲んだ訳ではないと
思われるのだが、ツルンと入ってしまう大きさに要注意。

でも困ったことにゾウがお気に入り。
もっと大きなお気に入りを作らなくては。

ゴシンパイナク

R0019963_04.JPG

吐き出した直後、しばらく胃の中が空になるまで
吐き出すので朝ゴハンが全部出てしまい、
大切に胃にしまったゴハンが出て行く様を悲しげに見るしらす。
しらすのことを考えると、そのまま帰宅したかったが、
一旦休ませてからということで、30分程度お預かりしてもらい、
チャーハンだけでドッグランへ戻った。

クロイナオマエ

R0019955_07.JPG

ちょこちゃんの弟、レックスがきても終止マイペース。
しらすがいないことなど一切気にしていない。
個別散歩の成果と言えるかも。

クロイノガオオイナ

R0019958_05.JPG

知らない子が挨拶にくれば、すぐにひっくり返り。

コイツモクロイナ

R0019956_06.JPG

眺める。

コッチハチャイロイナ

R0019960_08.JPG

んで、結局。

ゴクラクゴクラク

R0019962_09.JPG

かなりの長時間の滞在になったのでお疲れの模様。
さっそくしらすを迎えに行って、すっかり復活した
しらすを連れて帰宅。
帰り際しらすがオキシドールを注入してくれたシャチョーに
ものすごく甘える。

フツー、そういうことされた人に対してビビったりするよね?
おかげさまでスタッフの方々に「ドM」との称号をいただいた。

タノシカッタネ

R0019966_10.JPG

帰宅してからのシッコが妙に黄色い。オレンジに近い。
オキシドールの影響?
まぁ食欲も相変わらずだし、いつものようにガウガウして
いるので体調に異変はないようだ。

ドッグランでヤンチャな2匹見るのって犬が多い時は
難しいなぁとつくづく思う一日だった。

この場をお借りして、ドッグランのスタッフの皆様。
そしてシャチョー。本当にありがとうございました。
汚したウッドデッキ掃除せずにすみませんでした(汗)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。