So-net無料ブログ作成

オマケ付き [母ちゃんの日記]

先日ドッグランで、「こんな垂直に近いオスワリ初めて見た!」と
言われたが、こうして見ると体がない!

ナンカヘンデスカ?

R0020014_01.JPG

だから「スワレ」の指示を出すと、タイムラグがある。
チャーハンみたいに小さい犬は動きが速いので
「スワレ」と言ったか言わないかのスピードで
チョッコリすわる。

これも学校で教えてもらったなぁと思い出す。
犬の大きさによって反応のスピードが違うから
反応の速い犬に「オスワリッ!」と早口にならないように
指摘を受けたもんだ。

さて、しらすの夕方の散歩は陽がとっぷり暮れてしまうことが
多くなってきたので、写真不可能の為朝の散歩を密着。

パカパカパカ

R0020013_02.JPG

しらすと歩いていると「馬」と歩いている気分になる。

今日は我が家のそばの国道沿いでトレーニング。
バイパスみたいなもんなので、交通量が多く、大型トラック
なんかもしょっちゅう通る。
こんなやかましい場所はトレーニングに持ってこいだ。

しらすにとって一番つら〜いトレーニング(笑)

カンベンシテヨゥ

R0020017_03.JPG

歩いたり、横断歩道でひたすら待たされたり、自転車で歩いたり
朝から色々やらされて、しらすもなかなか大変だ。

コスモーッス

R0020020_04.JPG

チャーハンと違って、しらすの散歩は疲れない。
なぜなら母ちゃんに非常に気を遣って歩いてくれるから。

一方、疲れる散歩は。

ンナバカナ

R0020021_05.JPG

相当空高くにそびえる鉄塔から伸びている電線。
川はこの位置からかなり下にある。
川釣りでもそんなに長いのか!?
でも旗があるってことは、そういうことなんだろうな。

ソウナンダロウナ

R0020029_06.JPG

警戒はしていたが、この時期よく出没する蛇。
出会ってしまった。1回うっかり出会ってしまって
恐ろしくなり、わざわざ絶対いない道を歩き、
そろそろ大丈夫な場所だろうと、草地に戻ったら
速攻また出会ってしまった。

母ちゃんの変な声にチャーハンがびびった。

グミ

R0020026_07.JPG

子供の頃、グミをよく食べたなぁ。
甘酸っぱくておいしい。

エモノミッケ

R0020030_08.JPG

この模様は後ほど動画で。

オオマツヨイグサ(月見草)

R0020031_09.JPG

この花を見ると、秋だなぁとしみじみ思う。


<オマケ>

バッタとチャーハンの戦い



しらすパンチの練習


エンジンサイズ [母ちゃんの日記]

連休明けから、仕事が小康状態でなかなかいい。
だからここ数日、一日をほぼ散歩中心の生活に
なっていて、なぜか疲れがとれないアホな母ちゃん。

やめりゃあいいのに、ついついたっぷり歩いてしまう。
近所の人から見れば、一日中とっかえひっかえ2匹の
犬を連れて、外をぐるぐる歩いている変わり者と
映っているに違いない。

イネカリ進行中

R0020003_01.JPG

数日前、チャーハンを連れて川の側の歩道をぐるっと
歩いていたら、反対周りのオジサンに2度目に会ったとき
「よぉいやがらんで、あるぐもんだのぉ」と声をかけられた。

訳:「よく嫌がらないで歩くねぇ」

はじめは自分のことかと思い、「犬の為なんです」と
返答したのだが、よく考えてみれば犬に対しての言葉だった。
つまり、「この犬はよく嫌がらないで一生懸命あるくね」
という意味だったのである。

確かに。この近所にこんなに歩く犬はいないだろう。
今日とて、うっかり2時間近く歩いてしまった。
ここまでしっかり歩けば、あとは寝るだけの犬になるはず。

テケテケテケ

R0020001_02.JPG

名前を呼べば。

ナニサ

R0020002_03.JPG

近頃地面の乾涸びたミミズの誘惑に踊らされ気味である。
もしくは、溶け出したアスファルトの接着剤みたいな
ゴム状のものにも弱い。

散歩中の地面チェックと予測されることのチェックと
上手に歩けているかなど同時にしなくてはいけないので
なかなか考えることが多い。
そんなんで、うっかり無言になって歩いていると
誘惑にやられたりする。

以前に一度、ずーっとしばらく褒めっぱなしで歩いたら
それはそれは上手に歩いたことがある。
しかし2時間も歩くとつい中だるむ場合もある。
休憩をはさんだり、走ってみたり、気分転換も入れながら
散歩しないと人間にとってもただ歩くだけでは
つまらない散歩になり、意味がない。

マダイケルケド

R0020008_04.JPG

ジャックラッセルの体力って底なしなのだろうか。
2時間歩いたり、走ったりしても全然・・・。

ハヤクコイヨゥ

R0020009_05.JPG

それに比べると、実は有り余ってるのに我慢しているのか
なんなのか、しらすはそうでもない。
いや、もちろん十分に運動量の多い犬なのだが
ジャックラッセルのエンジンに比べると随分小さい
エンジンに感じてしまうのだ。

ネンリョウアリマスヨ

R0020012_06.JPG

それでも自転車で1時間、途中歩きも入れながら
早歩き状態なので、十分大きなエンジンなのだが。

アイツマジスゲェヨ

R0020011_07.JPG

チャーハンはあんだけ歩いても、帰宅したしらすに飛び
かかっていったりするから、恐ろしい体力と回復力。
もちろんしらすは疲れているから、やられっぱなし。

一体どんなエンジンなんだ!?
疲れやすい母ちゃんにもちょっと分けて欲しいエンジンだ。

ルール [母ちゃんの日記]

我が家のちっぽけなルール。
何事も人間よりも先にしない、できないということ。

散歩でいうと、まずは座らせて待たせ
靴を履いて、ドアを開ける。

ブレトルガナ

R0019981_02.JPG

しらすもチャーハンも今や、何も言われなくても
座って待つようになった。
リードをしっかり持つなどの安全確認が終わり、
人間の準備が整ったところで、「ヨシ」で外に出る。

外に出たら、そのまま進むのではなくドアを閉める
という作業があるので、再度座らせる。

マダカシラン

R0019989_03.JPG

そして、ドアを閉めたら再度、リードをしっかり
持ったか再確認し、「ヨシ」で散歩開始。

以前はイヤッホーイと出たがっていたヤツらも
いまでは、当たり前のこととなった。
しらすに至っては、ゴホウビなしでさらっと
当たり前のようにできる。

しらすってば、変なヤツだけどこういうことをやらせると
天下一品である。理解力に非常に優れた犬種だ!

細かいルールがあって、引っ張っちゃいけないなんて
「窮屈な散歩」と犬は思わないのかと思っていたが
そうではないことがわかった。
子犬の頃から当然のように脚側歩行を義務づけられて
いれば、それが当たり前な訳で窮屈でもなんでも
ないんだなと悪名高きジャックラッセルのチャーハンを
みて思った。

まぁ自由が一番いいに決まってるけど。


ちなみに、わかりにくいがしらすのウエスト。

ガリーン

R0019994_04.JPG

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。