So-net無料ブログ作成

110デシベル超 [母ちゃんの日記]

どうやら知らないうちに梅雨が明けたらしい。
しかも昨日!?
今朝は雨でなかなか散歩に出られず苦労したぞ?

梅雨が明けたというのに一向に暑くならない。
というより、長年のトーキョー暮らしで
感覚が完全におかしくなってしまったのかもしれない。
都会の中心部の幹線道路付近に十数年住んでいたのだから
狂ってしまっても仕方がないのかも。
あの通称「環六」、真夏は常に40℃以上あったに違いない。

ここ最近多忙につき、手抜き気味のブログ。
よって今日もかなり手抜き。

しかし、事件は起きた。

・・・とその前に。
昨日のできごとではあるが、
チャーハンはすっかり泳ぎをマスターし、

プカプカ

R0019190_01.JPG

このように

スイスイスイーット

R0019191_02.JPG

浮いた。草に戯れながら泳ぎを披露。
しかし、まだまだ長靴が耐えられる深さまで。


さて、事件について。
夕方の散歩は多忙につき、父ちゃんに任せて
仕事をしていると、2匹を連れて父ちゃんが事務所まで
やってきた。そして、仕事が終わるのを待って
一緒に車で帰宅。
裏庭でちょっと遊ぼうということになり。

久々にブログは自然ネタにしようかとのんきに
カメラ片手に庭を散策。

ヒマワリ

R0019192_03.JPG

暴れ、走り回るしらすをよそに。

アイツ ヤルキマンマンダナァ

R0019193_04.JPG

水辺にタニシがいたりして。

R0019195_05.JPG

そうして事件は起きた。

普段から、しらすは父ちゃんにベッタリ。
チャーハンは母ちゃんにベッタリの構図なのだが、
チャーハンと共に林の方に散策に向かうと、
突然、父ちゃんと向こうに散策していたはずの
しらすが乱入してきて、走り回り出した。
追いかけるチャーハン。

林の足元は、道になっている場所以外は人間の膝丈ほどの
草が生い茂っており、そこに突っ込んでは出てきて
走り回っている。
あちらこちらにネタはないかと探しまわりながら
しらすとチャーハンの様子を遠巻きに見守っていると、
また、草むらにしらすがすごい勢いで突っ込んだと思ったら、

ドスンという音とともに、ケタタマしい悲鳴をあげて
しらすが林から恐ろしい勢いで飛び出てきた。
その表現しにくい、しらすの「十八番」のギャインギャイン
といえばいいのか、ギャァオーンというかまさに
ギャフーンというかオ”ーオ”ーというか。
とにかく人間の精一杯の大声をゆうに超えた
それはそれは、110デシベルを超えているのではないか
と思われる大きさの悲鳴。

※110デシベル(例:自動車の警笛)

その飛行機のエンジン音に匹敵する悲鳴を
あげながら走り続け、母ちゃんの足元にやってきて
それでも悲鳴をあげ続けている。
父ちゃんの姿が見えると、即座に父ちゃんの方へ行き
それでもケタタマしい声をあげている。

普段からいちいちオーバーなので、そんなに焦りは
しなかったけど、いまいち事件の起きた場所は
草が深くてどうなっているのかわかりにくい。

もしかして「マムシ」?
もしかして「骨折」?
とかいろいろ考えたが・・・。
走ってたし「骨折」はない。
で、普通に歩いてるし。
そんなに気にする様子もないし、
「マムシ」もないな。

しらすを落ち着かせて自宅に入れた後、
チャーハンと現場検証。
走った部分の草が倒れているので、どこを通ったか
とてもわかりやすくなっており、どうやら
草むらに突っ込んで、木に激突したのではないかと
推測される。
その木は根元の途中から急激に曲がっており、
曲がった部分が見えずに突っ込んだのだろう。

結局、普通に歩いてるし、飛び上がっても痛そうじゃないし
しつこく触診してみたが、全く痛そうじゃない。
シレーッとしている。

また!?
オーバーリアクションにも限度がある。
勘弁してくれ。

スンマセーン

R0019165_07.JPG

普段から、よくあるオーバーリアクション。
ドッグランで顔から火が出る程恥ずかしい思いを何度か
させられたことが・・・。
おまけに母ちゃんの行動を大きく誤解されたであろう事も
ある。でも説明しても相手にはきっと伝わらないので
もう説明も半ばにして、諦めている。

今まで結構な犬種、犬達を見て来たつもりだけど
こんな大音量かつ、大げさランキングダントツトップ。

結果、大事に至らなくて本当に良かったけど。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。