So-net無料ブログ作成
検索選択

飛ンデ火ニ入ル夏ノ虫 [母ちゃんの日記]

皆既日食なんちゅうことなんかすっかり忘れて
午前中にとりあえずストレス発散しようと
外へ出て遊んでいると、チャーハンと母ちゃんの
目の前に突然何かが降ってきた。

飛んで火に入る夏の虫とは、まさにこのこと。

ヒグラシ

R0018999_01.JPG

きっともうお勤めが終わるのだろう。
カナカナカナと鳴くものだが、もう弱り切っていて
ケケケケケと鳴いて、羽をばたつかせるが飛べない。

バタバタバタと暴れているのだから
そりゃあもう、チャーハンが。

ナンダコリャ?

R0019001_02.JPG

鳴くし、暴れるし、格好の標的だ。

カプッ

R0019003_03.JPG

あーかじっちゃった。
それでもやんわりとしかかじらなかったので
まだまだ暴れる。

ジーッ

R0019004_04.JPG

結局チャーハンに散々いじくりまわされ、至近距離で
吠え立てられて、弱り果て気がついたら、
頭がちょっとおかしな方向に向いていたので、
まだ息のあるうちに自然に還した。

コノッ

R0019005_05.JPG

今考えれば、この後ちょっと曇ってきたかな。
暗いな。と思ったのは皆既日食だったってことに
夜になってから気づいた。

そして、夕方の散歩では、歩き2時間コース。

ガンバルゾ

R0019008_06.JPG

最近、川を渡る橋の街灯のあたりを歩いていると
こんなものをかなりの数、見ることができる。

カブトのみ

R0019009_07.JPG

その他にもメスのカブトムシやノコギリクワガタなどが
頭だけとか、羽が散乱しているのだ。
以前にもブログで書いたのだが、夜、街灯に集まって
朝方、カラスや鳥に食べられたのではないかと思う。
頭だけなのにまだ生きていたりするのもいる。

よく見ると、頭の中もきれいになくなっていて
まさに「カブト」だけになっている。

さらに橋の上を歩いていると。

ナ、ナス!?

R0019010_08.JPG

なぜかナスが落ちていた。
橋の歩道にひとつ。道路にひとつ。
近くに畑があるので、カラスが運んできたのかなぁ。
にしても、サルやタヌキやハクビシン、カラスなどの
畑を荒らすヤツらは、ナス、タマネギ、ネギには
いっさい手をつけない。

ササ カエリマショ

R0019011_09.JPG

陽のあるうちに、2時間休みなく歩くっちゅうのは
本当に疲れるもので、トーキョーにいたときは
夜でも外に平気で出られるくらい明るかったし
人もいたから良かったけど、こっちは陽が暮れてから
犬の散歩なんちゅう危険なことをしている人は皆無。
もししていたとしても、相当怪しいこと間違いなしだ。

そして、夜、カブトムシの話を家族にしていたら
甥っ子と、その橋に行こう!ということになった。

着いてみるとコクワガタ4匹ゲット。
続いてついでに家の近くの橋に向かう。
この橋はオレンジの街灯と、白の街灯が2つあり、
オレンジの街灯のそばで、カブトムシ1匹、
ノコギリクワガタ2匹。
白い街灯のそばでコクワガタ1匹。
オレンジの街灯の方が大物が捕れるのだろうか。
結局、コクワ5匹、ノコギリ2匹、カブト1匹。
短時間でこれだけ捕れれば、大したもんだ。

ノコギリクワガタ(捕れたて)

R0019021_10.JPG

しかしこれだけ捕れると大きな問題が。
すでに我が家の虫かごにいるミヤマクワガタ
凶暴なので、一緒にできない。
うっかり一緒に入れていた、以前に捕ったカブトムシは
かなりのキズだらけだ。
ノコギリクワガタだって、ミヤマにはかなわない。
カブトムシを別のかごに移すも、ミヤマと同居の
コクワとノコギリは生き延びることができるのか。

カブトムシ(捕れたて)

R0019023_11.JPG

母ちゃんが子供の頃、夜になるとよく父に連れられて
街灯の下へカブトムシを探しに行ったものだ。
だけど、こんなにいっぱい見つけたのは
今日がはじめてだったかも。

甥っ子よりも自分が一番楽しんでいたのかもしれない。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。