So-net無料ブログ作成
検索選択

ウゴクモップ [母ちゃんの日記]

晴れてるのに涼しいニイガタ地方。
あのトーキョーのムンとした暑さを考えると
ヒジョーに過ごしやすい。

ノシメトンボ

R0018923_01.JPG

トンボっちゅうもんは、一旦休憩をしはじめると
人間の手が近づこうが、カメラが近づこうが動かない。
子供の頃いっぱい採って、個々に名前付けて
ハネに油性マジックで名前書いて、家の中で飛ばせたり
していたなぁ。今考えるとムゴイ。
糸をくくり付けて飛ばしたり。ヒドイ。
子供の頃の遊びって今考えるとヒドイことが多い。
今の子供たちはこんな遊びをしているのだろうか。

で、本日の散歩はみんなでひたすら歩いてみる。
チャーハンは水たまり全てにいちいち突っ込むから
足が常にキタナイ。

タンボニハイリタイ

R0018932_02.JPG

足の毛が剛毛で絡まりやすく、ゴミやヨゴレを吸着しやすい。
一口で言えば、静電気でゴミやホコリを吸着する
モップにかなり近い。手触りもそっくり。

釣り

R0018930_03.JPG

鮎を釣っているオジサンたちは、毎日毎日何の仕事を
している人たちなんだろう。
社長さんなのか、農家なのか、はたまた定年した人たち
なのか。でも定年した人には見えないし。

今日は足を延ばして、祖母の家の田んぼまで歩いてみる。
チャーハンは田んぼを荒らし、ますますドロドロ。
と、小さい頃の記憶が蘇った。

そう、田んぼ付近にはマムシがよく出没する。
恐ろしくなったので祖母の家に寄って、帰る。

シラスオソイナ

R0018935_04.JPG

祖母の家でお菓子のお土産をもらい、スーパー
袋を持ってチャーハンと歩く。
チャーハンはビニールのカサカサが怖いので
袋に対して常に距離感が。

フクロコワイシ

R0018936_05.JPG

モップ足も田んぼに突っ込んだせいでいい感じのヨゴレ。
水で流しても簡単に取れないので厄介。

久々のしらす登場。

ゴブサタシテマス

R0018938_06.JPG

チャーハンに追いつこうと、前に前に引っ張って
ハァハァするしらすを父ちゃんが何度も諭しながら
がんばって歩いた。
しらすもヨゴレてれているのかもしれないけど
この柄じゃわからない。
でも毛質が柔らかいから、乾けば落ちるし。

チャーハンキタネェナ

R0018940_07.JPG

ソコソコまっすぐで柔らかい毛質ならば
この程度のヨゴレは歩いているうちに取れるもんだが
チャーハンは思いっきり吸着したまま取れない。

アア キタナイ

R0018941_08.JPG

モップ足、川に入ってきれいになっても
川から出た後に草や土、砂を全て吸着するので
全くきれいにならない。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。