So-net無料ブログ作成

保護観察下 [母ちゃんの日記]

週末は恒例のドッグラン。
しらすの散歩前の排泄に時間がかかり
気分転換を交えながら、なんと30分戦って何とか排泄。
根負けしそうだったけど、粘ったかいあり。
犬を育てる上で、個人的に根負けしないことが
大事だ!と思っているから、今日は心が折れそう
だったけど折れなくて良かった。

成功して前に進めるというのはお互いに嬉しい。

行く予定だったドッグランは明日地元TVの
取材が入っているとかで、明日は行けない
(行きたくない?)ので今日行きたかったけど
あきらめて、またもや近くのドッグランヘ。

今日は草一本喰わせない!と心に決めて。

エヘヘ

R0018871_01.JPG

草一本喰わせないっちゅうことは、暇な時間を作らないって
ことな訳だから、そりゃあもう大変。
大きくてなかなか噛みちぎれないオヤツをちょいと噛ませたり、
食べそうになったら呼んで、褒めたり。

とにかく下を向かせない。
ニオイ嗅ぎはそこそこ許しても、食べそうだなという
瞬間に呼んでゴホウビ。

後は一緒に走ったり、トレーニングを交えたり
他の犬と交流させたり。しらすを完全保護観察下におく。

キューケー

R0018865_02.JPG

しらすはこんな感じで休憩してくれればいいのだけど
ドッグランにいる間ずっと、ウロウロウロウロしていて
落ち着きがなくマグロのように前に突き進み
止まっていられない。

チャーハンは自分で他の犬を遊びに誘ったり
ニオイ嗅ぎしたり、休んだり、人間に愛想を振りまきに
行ったり。しらす以外の犬達はみんなアレ喰ったり
コレ喰ったりなんて一切していない。

しらすは、ちょっと目を離すと少し離れて
地面のものを食べようとするのでこっちへ呼んで褒める。
何故か呼ぶと口に入れたものを出してこっちに来る。

そんなに神経質にならなくてもと以前なら思っていたけど
ちょっとしらすの場合はほっといたらほっといただけ
異様に食べるのでなんとか止めさせたいところだ。
人間の手、もしくはフードボウルのもの、許可したもの
しか食べてはいけないことを教えることが課題。

ココ スズシイノヨネ

R0018866_03.JPG

監視するにしても、こっちがしらすについて行くのでは
なくてあくまでも、呼ぶ。ついて行って監視するのでは
「こうするとついてきてくれるし構ってもらえる」という
ことになるのと、行く方向をしらすが決めている事に
なるから。

食べてしまった事を叱るのではなくて、食べそうになる前に
呼んで褒めて終わる。見えない場所に行きそうになったら呼ぶ。
これだけではつまらないから、ときどき遊んであげたり
一緒に走ったり。

ハーイソガシ

R0018867_04.JPG

休憩する時はそばでフセさせて一緒に休憩。
チャーハンとあんまり遊んであげられなかったので
ちょっとイジケ気味で可哀想だったけど、
信頼を置いているからこそな訳で、わかって欲しいなぁ。
ムリか。

ツギハナニスンノ?

R0018868_05.JPG

飛びつかないブリタニーを完成できた訳だから
地面のものを喰わないしらすも完成出来るはずだ。
しらすの飛びつかないっぷりには驚く。
人を選んで飛びついていたしらすも今や誰にも
何にも飛びつかない。

ここ数日の成長といえば、
自転車で走っている最中に排泄したくなったら
太ももを鼻でツンツンしてくるようになった。
多分犬が要求する時に膝の上にアゴをのせる要領で
アゴをのせようとしてツンツンになったんだろうけど。
これにイマイチ気づいてあげられなかった為、
1回失敗してしまったけど、しらすなりに
お知らせ方法考えたんだろうなぁ。

ヘラヘラ

R0018870_06.JPG

地面のものを喰わないようにするには
空を見ていなさい。空を。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。