So-net無料ブログ作成

テキザイテキショ [母ちゃんの日記]

昨日は到底散歩になんか出られそうにない
雨が一日中降り続き、その雨がようやく止んだ。

雨のお陰で雪もすっかり姿を消した。

チョットダケヨ〜ン

R0021380_01.JPG

同時に同じ月齢の子犬を迎えて、多頭飼い、
しかもサイズが小型犬と、中型犬〜大型犬の中間サイズの犬。
これについて平等とは何か良く考えることがある。

飼い主としては平等に扱わないと可哀想な気がして
「こっちをこうしてあげたら、こっちもこうしなきゃ」と
思ってしまうのが常なのだが、そういう訳にも
いかない場合が多々ある。

一番わかりやすくいうと、オヤツやゴホウビ。
大きさが違うが故に、しらすと同じ量、同じ大きさの物を
チャーハンに与えれば、あきらかに容量オーバー。

だからといってチャーハンに合わせた量をしらすに
与えるとすると、少ないというよりも留守番などの
時間をかけて欲しい時は長持ちしない。

ダヨナ

R0021379_02.JPG

そういうことから始まって、大きいからという理由で
しらすはハウス。チャーハンはフリーという場合も
よくある。チャーハンが出ているのだからしらすも
出してあげたいのは山々だが、事情が事情の場合。

それをしらすとチャーハンが我が家に来てから
ずーっとどうなんだろうと考えていた。
チャーハンが体調がすぐれなければ、しらすだけ
ドッグランに連れて行ったり。

贔屓なんじゃないかとか、焼きもちを焼くんじゃないか
とかイジケるんじゃないかとか色々考えたけど
これは、場合による訳で、テキザイテキショなのだから
いいんじゃないかと思いはじめた。

どっちも同じでなくていい。
状況次第、人間の都合に振り回すのも申し訳ないこと
なんだけれど、一緒に生活する上でのことと、
それぞれの性格、傾向を考えて同じにしなくても
万が一の事故やら大惨事(笑)を防止するためにも
愛情は平等であっても、生活の中では何でも同じとか
平等ということではなくて、しらすやチャーハンに合わせた
その時の対応で良いのだ。

ヨンダ?

R0021381_03.JPG

年齢が違う同犬種や同サイズの多頭飼いの場合は、
もしかしたらここまで考えることもないのかもしれないけど
少なからず、多頭飼いの方はちょっと思ったことが
あるはず。こんなことまで動物愛護法には
書かれていないので(笑)未だに、しらすが可哀想とか
チャーハンが可哀想とか日々考えつつ。

nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 4

リン


多頭飼い、運動量とか違う犬種だと、さらに難しいですよね☆

しらす&チャーハン君は、たくさん散歩もしてもらえて、ここまでよく考えてもらえて、幸せものですね♪

うちは、犬と猫なので、違う育て方が当たり前ですが、、

それでもたまーにニーナが不満に思ってないかな。って心配になります。

幸いニーナはそこまで食い意地張ってないので、オヤツに関しては文句はなさそうですが、、

やっぱ、コタだけ外に出れるってのは最初不満気でしたね。

コタは、同じことしても、ニーナは怒られなくて、コタは怒られるってのが、最初は不満あり気で。。
(コタはテーブルとかに足をのせないようしつけたけど、猫はどこでも乗るんで。。笑)




by リン (2009-12-30 08:47) 

charhan

>リンサマ
同じ動物でも種類が別というのも、さらに悩む所ですね!
私には気づけない葛藤がたくさんありそう!

まさにリンさんのおっしゃるとおりで、
しらすは怒られてもチャーハンは怒られなくて・・・とか
その逆も然り。すごくわかります。
何て言うか、大きさというのは難しいモノで
事故や危険性が数倍違ってくることがあり、どちらも
同じようにできれば一番いいのでしょうけど
犬種の特性云々考えると、どうしても差が出てくる
ところはあります。

猫と犬・・・まさに違いが歴然ですから、リンさんも
日々思い悩むことが多いのでしょうね。
by charhan (2009-12-30 21:15) 

ちょこ親父

犬の思考回路としては、自分がおいて行かれた時
そのことを恨んだりはしないという・・・
逆に出て行ったご主人さまを心配し、無事を祈るといいます
(犬が言ったわけではありませんが・・・)
散歩から戻ったチャーハンと母ちゃんを見てしらすは、
無事に帰ってきたと大喜び、安心するはずです

人間が考える不公平感は持ち合わせていないと思うし、
何よりママさんはどちらにもたっぷりの愛情を注いでおられます


by ちょこ親父 (2009-12-31 00:57) 

charhan

>ちょこ親父サマ
なんだか心が軽くなるコメントありがとうございます!
もしもそうであれば、とても嬉しいですよね。

しらすはゴハンを食べ、水を飲んだ後すぐ遊んだり
興奮したりすると吐き戻しやすいことがままあり、
チャーハンはそうなったことがありません。
ゴハンはハウスの中で与えているのですが、食事後、
チャーハンはハウスから出してあげたりしますが、
しらすは必ずしばらくハウスの中で休ませることに
しています。
これについても嫉妬心を抱いているのではないか
不公平感を持っているのではないかと考えることが
良くあります。けれど、極端に言えば胃捻転を
起こしても怖いですし、そうするしかないのが現実です。

しかし、こういうことを考え出すと犬の脳科学まで
研究したくなっちゃいます(爆)
by charhan (2009-12-31 01:40) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。