So-net無料ブログ作成
検索選択

ボツボツ [母ちゃんの日記]

一昨日あたりから、チャーハンにもボツボツが。
しらすのボツボツはすでにカサブタとなり
快方に向かっているが、しらすの時より
チャーハンのボツボツはかなりヒドイ。

毛のない下腹部全体にボツボツしはじめ、
今朝は皮膚が赤くなっているので、念のため
チャーハンだけ獣医さんへ向かうことに。
フィラリアとフロントラインを切らしているので
ちょうどいい機会だし、しらすの状況も
伝えれば薬を貰えるだろうし。

どうせ「草負け」と言われるだろうと思っていたけど
やっぱりそうだった。
そして、チャーハンの体重。5.85kg。

小さい。我が家にとっては約8ヶ月で6kgいってないなんて
小さい。足が小さいから、きっと成犬時は6kg代、
大きくても7kg代前半くらいで収まるのだろう。
それにしても小さい。物足りない。
デカイジャックラッセル好きの我が家としては
かなり物足りない。

塗り薬程度かなぁと思っていたら・・・
思ったより大量の投薬を渡される。
しかも20日間分。
そしてはじめての粉薬(抗生剤)。
ゴハンに混ぜるとかオブラートに包むとか方法は
いくつかあるけど、オブラートは買わなくちゃいけないし、
錠剤と違ってツルンと飲めないかもしれないし
味がわからない分、ゴハンに入れるのも
どうなのかと思っていると、なんと!
針のない注射器がセットで。

R0019143_01.JPG

初めての方法に驚いた。なるほど!
ちょっと試すのが楽しみ。

そして、粉薬の他にかゆみ止めと皮膚に直接
噴射するスプレーの薬。かゆみ止めはなるべく
投薬しない方がいいらしいので、ひどい時だけ。
ステロイド系だろう。

病院の帰りに、久々に河川敷へ寄り道してみると
すごくいい場所発見。

帰宅後早速、注射器投薬を試してみる。
煮沸して冷ました少量の水に薬を溶かして
口の横から差し込んで少しずつ飲ませてみる。
はじめはイヤイヤしていたものの、甘いのか!?
抵抗することなくペロペロ飲む。

あ、喰えるものなら何でもいいのか。コイツら。
2回目の投薬の時になると、しらすは嬉しそうに
シッポを振って寄ってくる。
スプレーは以前にハーブスプレーで慣らしているから
問題なし。

待たせてしまった、しらすの散歩に出て
今日は久々にゆっくり過ごす。
昼の散歩がタップリだったので、夕方の散歩は
いつもより少し短め。
ブツブツがひどいので草むらにくるのもどうなのかと
思ったけど、こんな場所しかないのだから仕方がない。

チャーハンが何やらみつめたまま動かない。

ジーッ

R0019127_02.JPG

少し進んではさらに止まる。
一瞬マムシ?と思ったが、結局何に対してなのか不明。

ジーッ

R0019128_03.JPG

薬のお陰なのか、お腹全体の赤みはひいてきたけど
ブツブツから膿みが出はじめて痛々しい。

イタクナイ カユクナイ

R0019130_04.JPG

最近毎日、散歩から帰るとシャワー浴びさせられて
ゴシゴシ拭かれるのが嫌で、家に到着すると
母ちゃんと少し距離を置くチャーハン。
でも観念するところがエライ。

R0019131_05.JPG

しらすは昼の思わぬ散歩でくたびれてしまったらしく
夕方の散歩はちょっとだけ。

梅雨明けしていないけど、毎日最高気温が25℃程度。
陽もほとんど差していないから、昼間でも散歩に
出られるのがかなりいい。

稲の育ちが悪くなけりゃいいが。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。